視力回復50のポイント―レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで |戸田 郁子

視力回復50のポイント―レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで視力回復50のポイント―レーシック、コンタクトレンズから視力回復グッズまで
戸田 郁子
保健同人社 刊
発売日 2004-01
価格:¥1,380(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




正確な情報、正しい知識 2005-06-05
端的に言えば、世の中に存在する視力回復の多くがあまり根拠の無い
ものだということがよくわかります。
本書では、近視、遠視の仕組みからドライアイ、老眼、
巷にあふれるあの手この手の視力回復グッズに至るまで、
一度でも自分の視力に悩んだことのある人ならば知りたい情報が、
とてもコンパクトにまとめられています。
専門の眼科医の方が執筆しているので載せられている情報も
正確なのでしょう。近視になる原因は今の段階でははっきりとは
わかっていないという事実もはっきり記しているのがとても印象的でした。
様々な医療の分野で、本書のような、その道の専門家による
正確な情報開示が進めばいいですね。
視力やドライアイなど、眼に関わる悩みを抱える人にはお勧めの一冊です。

自力で視力を回復したいと思っている人へ 2004-04-11
 目次が出ているのでどんなことが書かれているかは大体分かるでしょうが、自力で視力を回復したいと思っている人は失望するでしょう。眼科医で自分で色々トライした人のインターネットアドレスまで載っていて、そこで、「近視の人は、調節する筋肉の問題じゃないので、どんなトレーニングをしてもなおりっこないです」と断言までしています。近視のほとんどは水晶体の厚さをコントロールする毛様体が原因ではなくて、角膜から網膜までの長さが長過ぎるのが原因だと書いてあるので毛様体運動が無意味なことが分かりました。では、若桜木の「視力復活眼筋トレーニング」で言っている眼を動かす筋肉を使って眼球全体の形を変えることはできないのか、との疑問が残りますが、眼を動かす筋肉のつき方を見ると無理かなと残念ながら思います。
 老眼は遠視のことだと思っていたが、別物だということを知りました。また何故近視の人が老眼に対しては有利かも納得できました。老眼と白内障は栄養と活性酸素除去が効果がありそうだとの話ですので、老眼と白内障防止に興味のある人は、物理学者で分子栄養学の専門家である三石巌の本に手を出すべきでしょう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/11/13に作成しました。
posted by キヨ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。