レーシックを受けられる人うけられない人

レーシックを受けられる人うけられない人

実は
レーシックは誰でも受けられるわけではないのです。
レーシックでは、事前に精密な検査が必要で、
検査で手術の適応、不適応が決まります。不適応の場合は手術を見送ることになります。
精密検査の結果、4〜5人に1人が不適応となる場合があります。
意外と受けられない可能性は高いんです。

不適応となるケースには下記の理由があります。


●角膜に十分な厚さが無い方
●子供の頃からの弱視の方
●円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの方
(角膜が薄かったり、病気を悪化させてしまう可能性がある)
●20歳(クリニックによっては18歳)未満の方(眼球が発育途上のため近視が進む可能性がある)
●病気の後遺症による視力の低い方(視力不良の原因が屈折異常でない)
●20歳以上でも近視がまだ進んでいる方
●高齢の方(主に60歳以上に方は白内障などの病気を持っているケースが多い)
●糖尿病や膠原病、重症アトピーなど全身病をお持ちの方(フラップの接着に時間がかかったり、感染の危険性がある)
●抗精神薬を使用している方(角膜に副作用が出る薬があります)
●妊娠中、授乳中の方(ホルモンバランスの変化により屈折の安定が悪い)
●強度の近視、乱視の方
●パイロット、警察官、自衛官など職業的制約がある方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28062084

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。