レーシック手術までの流れと注意事項

レーシック手術までの流れと注意事項

レーシック手術前後のスケジュールと注意事項です。
このスケジュールはクリニックにより異なりますので一般的な流れをご案内しております。


コンタクトレンズを使用している方は、ハードレンズ使用者で3週間程前から、
ソフトレンズ使用者で1週間程前から使用を中止することとなります。
検査当日の車やバイクの運転はできません。

■ 適応検査
両眼のバランスや角膜の状態など正確なデータを集計します。
この検査結果により、施術を受けることができるか、診察いたします。
検査は1時間から1時間半程度かかります。

・涙液検査       ドライアイがどうかの検査
・優位眼検査      利き眼の検査
・角膜形状の解析   角膜の凹凸から近視や乱視の状態、円錐角膜などの異常を調べます
・角膜内皮細胞測定 五層からなる角膜の内皮の密度を検査
・屈折度数の測定   近視や乱視などの度数を検査
・眼圧測定       眼に空気を当てて、眼の硬さを測定
・視力検査       遠方・近方
・瞳孔検査       暗いところで、瞳孔が最大どれくらいの大きさが測定
・角膜厚の測定    角膜の厚さを測ります。通常は500ミクロン前後です。
・眼底検査       網膜、視神経、硝子体に異常がないか検査
・眼軸長の測定    眼球の長さを超音波で測定




■ 診察 カウンセリング
適応検査を基に医師が診察を行います。
治療前、治療後の注意、治療の問題点、合併症などについての説明やレーシックの疑問、
質問等の回答を医師からいただけるとともに、希望する矯正視力と予想される視力の回復度など眼科専門医の立場からの
アドバイスがあります。治療前に不安な点はすべて解消しておきましょう。

■ 施術
手術は両眼で15分程度です。
手術後30分から1時間程度で帰宅可能です


車の運転は手術後1週間できません。
スポーツは術後1週間できません。水泳や激しいスポーツは1ヶ月できません。
飲酒は2,3日控えてください。
喫煙は室内や狭い場所でなければ翌日から可能です。
仕事は翌々日から可能です。
シャワーや入浴は翌日検診後より可能です。
洗髪、洗顔は翌々日から可能です。
寝るときには眼をこすらないようにサングラスなどをして保護することをすすめられます。

■ 定期検診
術後の経過を検査します。
術後翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヶ月、6ヵ月後、1年後など
比較的都合に合わせて検査できると思います。
1週間から2週間ぐらいで視力が安定するようです。
posted by キヨ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック 概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28128592

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。