オルソケラトロジーは1週間で効果が現れます

オルソケラトロジーは1週間で効果が現れます

オルソケラトロジーは、毎日、就寝時に自分で装着し、朝起きたときに外します。(通常のコンタクトとサイクルが逆ですね。)
このコンタクトレンズを外した後一定時間は角膜の形状が変わっているため裸眼でもピントが合う状態にあります。
オルソケラトロジーは1週間で効果が現われ、1ヶ月から3ヶ月で約95%の人が視力が回復します。

しかし、角膜はとてもやわらかく、新陳代謝が活発な組織のため、
特に使用開始直後は角膜の形状が早く戻ってしまうため、
日中裸眼の生活を送るためには毎日夜間寝るときにこのコンタクトレンズを装着する必要があります。
使用頻度が増えるに従い裸眼で生活できる時間も長くなり、個人差もありますが、
1日おきや2〜3日おきでも生活できるようになる場合もあります。
オルソKレンズの装用を中止した場合、約1週間で視力が元に戻ります。

この記事へのコメント
はじめまして。
オルソ経験者によると、結構付け外しが面倒だそうです。
通常の昼間コンタクトレンズ装用で不快感がある人にはオルソのメリットがあるかもしれませんが。

Posted by イントラレーシック (intra lasik) を探る at 2007年03月16日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。