車の運転と眼鏡

車の運転と眼鏡
車の運転をするとき、通常の人は裸眼で左右180〜200度くらいの視野がありますが、
フレームのあるメガネを掛けると通常の2/3、120度くらいに視野が狭くなります。

普通であれば自然に視野に入るものがメガネを掛けると認識できない場合があります。
そのため、メガネを掛けて車を運転するときは顔を横に振ってまわりの状況を確認させる必要があり、
前方への注意が散漫になり、危険が伴うこととなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。