視力低下の原因

視力低下の原因
環境適応要因説
 通常、物を見たときの映像は、その映像を正確に映す「網膜」で焦点を結びますが、近視の場合はその焦点が「網膜」の前の方で結ばれてしまうわけです。
近くを見る時間が長いと毛様体筋が緊張し、水晶体が厚くなったままの状態が続くために遠くを見てもなかなか薄くならず、遠くのものがぼやけて見えにくくなります。
これが近視のなり始めで「仮性近視」といわれる段階です。これが習慣的に繰り返されることで近視がひどくなるという眼科専門の説を「環境適応要因説」といいます。
 通常、「近眼」といわれている眼は「真性近視」と呼ばれ、「屈折性近視」と「軸性近視」の2通りがあります。(※遠視にも屈折性と軸性があります!)
 屈折性近視は仮性近視が進行したもので水晶体が厚くなったまま薄くならないため、光の遠近調節が難しくなった状態の近視です。
軸性近視は、眼軸が奥に伸びて眼球が楕円形になり、それと共に近視が進行して網膜に近視性変化が生じた状態を指します。
posted by キヨ at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック 概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30447196

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。