レーシック視力矯正手術

レーシック(LASIK)は、世界で認められとる視力矯正手術や。
手術はいっちゃんはじめに、角膜の表面を傷めへんように一部分を残して薄く剥がし、蓋の役割をするフラップを作るんや。
次にエキシマレーザーちう機械で角膜の実質部分のみをレーザーを照射して削り、角膜のカーブを変えまんねん。これにより、光の屈折力が変わるんや。
ケツに初めに作成したフラップ(ふた)を元に戻して自然に接着するんを待って手術は終わりや。
この間わずか20分。どなたはんもがおったまげるほどにあっちうまに終わるんや。
もちろん入院の必要もなく、帰宅できまんねん。
手術直後すぐに裸眼で見えるほどに視力が回復してん人がようけ、帰宅はメガネを掛ける必要もなく、クリニックによっては、不要となりよったメガネをほかすボックスが用意されとるほどや。ほとんどの人は翌日までに視力が回復してるんや。
posted by キヨ at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック 概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。