レーシック(LASIK)の種類 術式

レーシック(LASIK)の種類 術式

レーシックはアメリカをはじめ世界中で需要のとても多い手術です。
そのため、様々な技術や機器が登場し、ひとくちに「レーシック」といってもいくつかの術式が日本でも登場しています。
ここでは簡単にいくつかの術式を紹介します。

■ レーシック
ブレイクのきっかけとなった術式です。症例数も圧倒的に高く、たくさんの医院で行われています。レーシックは、マイクロケラトームという眼科用のカンナを使用してフラップを作り、エキシマレーザーで角膜を照射し、屈折率を変え、ふたたびフラップでふたをします

■ イントラレーシック
レーシックと異なり、フラップを作るのにイントラレーザーを使用します。これにより精密で安全にフラップを作成することができるようになりました。

■ ウェーブフロントレーシック
ウェーブフロントアナライザーにて解析を行いますので今までは矯正しずらかった不正乱視までも矯正することが可能となりました。フラップ作りや角膜の照射については、レーシックと同じです。

■ イントラウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックとイントラレーシックのいいとこ取りの術式です。

■ エピレーシック

エピケラトームという機器でとても薄いフラップを作る術式で、強度の近視の方でも矯正が可能となりました。

■ ラセック
アルコールで薄いフラップを作る術式です。しかし視力が安定するまでに時間がかかります。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。