車の運転と眼鏡

車の運転と眼鏡
車の運転をするとき、通常の人は裸眼で左右180〜200度くらいの視野がありますが、
フレームのあるメガネを掛けると通常の2/3、120度くらいに視野が狭くなります。

普通であれば自然に視野に入るものがメガネを掛けると認識できない場合があります。
そのため、メガネを掛けて車を運転するときは顔を横に振ってまわりの状況を確認させる必要があり、
前方への注意が散漫になり、危険が伴うこととなります。

眼鏡メガネの曇りについて

眼鏡メガネの曇りについて

メガネには数百年という古い歴史がありますが、温度差による曇りや雨粒などによる視界不良はいまだに解決できない問題あります

以前、レンズにワイパーがついたメガネをかけた人がアップになったCMが話題となったことがありました。
ジョークCMのひとつですが、メガネを使用している人にとっては笑うに笑えない切実な問題でもあります。

あのCMから数十年経過していますが、メガネを使用している人には誰もが抱えている悩みにもかかわらずいまだに解決できないで
メガネのデメリットのひとつとして今に残されています。
狭くなる視野

眼鏡 めがね のメリット デメリット

眼鏡 めがね のメリット デメリット

近視はもちろん、遠視や乱視を矯正する時にどなたはんもがまず考えるんはメガネを作ることでっしゃろ。
近視の場合、水晶体が厚い状態のまんまやから網膜上に焦点を合わせるためには凹レンズのメガネを掛けることになるんですわ。
「メガネをかけてカメラをぶらさげとる東洋人を見かけたらやまと人」と決めつけられはるほどメガネ人口の多いやまと人やけど、そやけどアンタ
コンタクトレンズのような難儀なケアも必要ないんやし、
目に強い異物感を感じることもないんで小さなお子はんやお年寄りでも簡単に掛けられはるやらなんやらどエライ取り扱いが楽で手軽に視力が矯正できるのがメガネのメリットや。
さらにきょうびではメガネの機能も進化し、フレームやレンズもどエライ軽うて薄くなり丈夫で壊れにくくなっとりまんねん。
デザイン的にもおしゃれなもんが増え、視力の良し悪しにかかわらずファッションアイテムのひとつとしてメガネをかける若者もおりますわ。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。