イントラレーシック(Intra-LASIK) 手術概要

イントラレーシック(Intra-LASIK)は、レーシック(視力矯正手術)の一形態である。

概要

イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にある。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成する。

イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成する。これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能である。

通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされているが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となることがある。

一方、イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。

さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することが可能であるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となる。

[編集] 欠点

層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されている。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。